色白になりたい方必読!色白になるための5つのポイントとは?

白い女性

色白の透きとおった肌にはやっぱり憧れを抱いてしまうものですよね。

巷では、「少しくらい日焼けしたほうが健康的だよ」という意見もありますが、このサイトでは「私は色白になりたいんだ!そんな事は知ったこっちゃない!」と考えている方に向けて、色白になる5つのポイントを紹介したいと思います。

色白になる方法その1.スキンケアアイテムの力を借りよう

やっぱり色白肌を目指すにはスキンケアアイテムの存在は重要です。最近まではビタミンC誘導体の入った化粧品や、高価なスキンケアアイテムが人気でしたが、現在はハイドロキノンという成分に注目が集まっています。

このハイドロキノンとは、メラニン色素(シミの原因)の産生を抑えるだけでなく、 メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)を減少させる 力を持っています。

日本ではこのハイドロキノンの化粧品への使用は長年禁止されていましたが、2001年に医薬品医療機器等法(旧:薬事法)の規制が緩和され商品化が始まった成分です。ですので、化粧品としては比較的新しい成分になりますが、今はようやく良質な商品が出揃ってきた良い時期だと思います。

高価な化粧品と比べると、それほどお財布にダメージもないため、色白になりたい方は一度このハイドロキノン配合の化粧品を試してみるといいでしょう。

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンは還元作用を持つため、色々な分野で利用されている成分です。

写真の現像などにも還元剤としてハイドロキノンは使われていたのですが、現像の仕事をしている方の手や肌が白くなる事が多く、その事例が元となり色白になるという効果が発見されたのです。

ハイドロキノンの使い方は?

ハイドロキノンを使っている時は、紫外線の影響をもろに受けてしまいます。そのため、日中の使用は控えるようにし、夜の就寝前に使用するのが理想的です。

また、ハイドロキノンは酸化しやすいため、使用期限を守って使い切ってしまう事が大切です。また、使用中は冷蔵庫に保管するなど丁寧に扱う事が大事です。

ハイドロキノンに副作用はあるの?

ハイドロキノンは非常に強い作用があるので、当然使用法を誤ると重大な副作用もあります。具体的な副作用としては、炎症・赤み・白斑などが症状として現れる場合があります。

そのため、ハイドロキノンを使用する際は ハイドロキノンの濃度を良く確認する・かならず事前にパッチテストをする・長期間連続して使用しない という事を守る必要があります。

またハイドロキノンの濃度なども確認しながら商品を選ぶと良いでしょう。通常は1-3%の濃度の商品から始めてみて、物足りなければ濃度の高い商品に変えていくのが良いと思います。ビックリするほどハイドロキノンの濃度が高い商品もあります。信頼できる医師の作ったドクターズコスメもありますが、安全性が判断できない場合は高濃度の商品は使用しない方がいいでしょう。

色白になる方法その2.日焼け対策は徹底的に

girl

色白になるために努力をしている間は、徹底的に日焼け(紫外線)対策をしましょう。日中は家の中でも紫外線の影響を受けますので、自宅にいる時もストールをかけたり、UVガードのカーテンなども利用して徹底的に肌をも守りましょう。

また外出時には日焼け止め+肌を出さないというのが基本です。帽子・サングラス・長袖・日傘などを使いこれでもか!というほど紫外線対策をしましょう。

最近ではUV加工されたカーディガンやパーカーなどもありますので、徹底的に紫外線を通さない様に注意しましょうね。

色白になる方法その3.サングラスの着用を習慣にしよう

サングラスと色白とどう関係があるの?と思った方もいるかもしれません。私も以前はそう考えていましたが、実は数年前に目からの紫外線で肌が黒くなるという検証が行われました。その結果、目からの紫外線でメラニンが増加するという実験結果が得られました。

「“目”に紫外線を当てると“皮膚全体”のメラニンが増加する」という大阪市立大学の井上教授の実験結果が新聞に掲載されました。井上教授によると、紫外線が目にあたると炎症がおこり、この刺激が、最も敏感な痛覚神経である「三叉神経」を介して「紫外線が当たった」という信号として脳に伝わり、その結果、脳からメラニン色素を作らせるホルモンが出て全身を黒くするというのです。

参考:ロートUVキュア 開発秘話

⇒井上教授の研究結果のPDFはこちらからダウンロード出来ます。

こちらはまだマウス実験レベルの話なので、人に対しても確実に目からの紫外線とメラニン色素について影響があるとは現段階では言いきれませんが、こういった肌が黒くなる可能性を一つ一つ対処していくのが色白への近道です。

また、眼の周りの皮膚は繊細な作りとなっていますが、UV加工されたサングラスなら目のまわりの皮膚を紫外線から守る事が出来るのでその意味でもサングラスは必需品です。芸能人の方が大きなサングラスをかけているのにもうなずけますね。

色白になる方法その4.食生活について考えてみよう

salad

私たちの体は細胞レベルで絶えず生まれ変わっているため、良質な栄養素を摂取する事はとても大事な事です。また日焼け対策としても、体の内側からのケアは重要なポイントです。

美白効果や抗酸化作用を期待できる成分は、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンA(β-カロチン)・Lシステイン・リコピンなどが有名ですね。日々の食生活からこれらの栄養素を意識して摂取する事が大事です。また、体内に溜めておけない栄養素もありますので、そういったものは毎食意識して取り入れる必要があります。

色白になる方法その5.良質な睡眠をとろう!

皮膚のターンオーバーには良質な睡眠が不可欠です。美容の事を考えると22-2時の間にはしっかりと睡眠を取りたい所ですね。この時間は女性ホルモンの分泌などが促される、美にとってのゴールデンタイムですので、しっかりとこの時間に熟睡モードに入っている事が大事です。とは言っても、社会に出ると中々早寝早起きというものは難しい場面がありますが、その場合でもこのゴールデンタイム内には少しでも寝れるライフスタイルを作りましょう。

短期間で色白になる方法ってあるの?

stethoscope

肌の生まれ変わりの速度は体の部位によって違いますが、一般的には約28日~56日程度の時間がかかります。これは、個人差があり年齢を重ねると新陳代謝が落ちてしまうため、若い人に比べるとターンオーバーの時間は遅くなってしまいます。色白になるには肌細胞が何度か入れ替わる必要があるため、通常の方法(注射、点滴、外科的手術を伴わない)では1-2週間などの短期間で色白になるのは不可能です。色白になるためには根気強く肌のケアを行う必要があります。

色白になる方法についてのまとめ

日本では『色白は七難隠す』ということわざの通り、多少の欠点は色白というだけで覆い隠されてしまうという色白信仰があります。ことわざについては古くから言われているものですが、白い肌の美しさというのは現在でも根強く残っている感覚だと思います。

色白になるには色々な事を我慢する必要があります。また、短期間で色白さんになる事は出来ませんが、スキンケアアイテム・日焼け対策・サングラス・食事・睡眠についてしっかりと継続しているとかなりの効果が期待できるはずです。

白い肌に憧れるという方は今からでも決して遅くはありませんので、色白対策に取り組んでみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする